ダイエット

肉体の再建

乳がんなどの後のこと

バスト

乳がんなどは、早期に発見すれば、完全に除去することで、再発や転移を防ぐことができます。早期発見についても、簡単な診察で対応することが出来るので、比較的手軽です。 しかし、手術により乳房を切除すると、女性らしい体型を失うことにもなるので、その後の人生に大きな影響を及ぼすことになります。 そこで検討したいのが、乳房再建です。これは、基本的には豊胸手術と同じで、胸の内側に物体を挿入して、乳房再建をするものです。 出来れば、乳がんの手術をした病院などで行うと、処置的に効率的なのですが、手術後に、美容整形外科で行うと、美容の観点からの希望を取り入れてもらうことができるので、自分の好みに合わせて選択することが重要です。

乳房の材料について

乳房再建で用いられる物体は、大きく分けて、シリコンなどと、生理食塩水などに分けられます。前者については、手触りなどの点で、やや硬い感じがしますが、半永久的に使用することができます。 一方、後者では、硬さの点では、本来の乳房にかなり近い感触を得ることができるのですが、ショックなどにより、生理食塩水のパックが破れることがありますし、徐々に体内に吸収されて、再建された乳房が小さくなったり形が崩れてしまったりすることがあります。 このような特徴のほかにも、自分の体質に合わせて物体の材質を選ぶ必要があります。また、どのような大きさで乳房再建をするのかによっても、適切な材質が変わってきます。 これらの条件をよく考え合わせることが大切なのです。